会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 Aizu Fire Department
火災予防
火の用心のポイント
消火器の知識
住宅用火災警報器
製品火災情報
ガソリン・軽油の注意事項

付けましたか?住宅用火災警報器


 住宅用火災警報器とは
住宅用火災警報器は、火災により発生する煙または熱を自動的に感知し、警報するものです。
住宅火災による死者数は、毎年全国で1,000人を超えています。原因の約6割は、「逃げ遅れ」によるものです。
住宅用火災警報器は、火災を早期に感知し、大切な「いのち」を守ります。
平成23年6月からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務になりました。
尊い命や財産を守るため、設置されていないお宅は早急に設置しましょう。


火災予防条例改正の内容
※共同住宅や店舗を兼ねた住宅も対象となります。
  交換時期とは

 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなること
 があるため、とても危険です。

 設置してから 10年 を目安に取りかえましょう

 「10年たったら、とりカエル。お宅の火災警報器の話です。
  (発行元:一般社団法人 日本火災報知機工業会) 

  設置する場所


 1、 寝室の用に供する部屋

 2、 1が存する階の階段

 ※台所等の火気を使用する場所に設置
  することも推奨しています。
  取り付け位置
●通常の壁面からの取り付け位置

天井に設置する場合は、住宅用火災警報器の中心を壁から60cm以上離します。
●梁などがある場合の取り付け位置

天井に60cm以上の梁(はり)がある場合には、住宅用火災警報器の中心を梁から60cm以上離して取り付けます。
●エアコンなどの噴出口付近の取り付け位置

換気扇やエアコンなどの吹き出し口付近に設置する場合には、吹き出し口から1.5m以上離します。
●壁面の場合の取り付け位置

壁面に設置する場合は、天井から15~50cm以内に火災警報器の中心がくるように取り付けます。

住宅用火災警報器の設置場所・設置位置について、詳しくは消防本部予防課、
または最寄りの消防署・分署・出張所にお問い合わせください。


  設置する警報器

 寝室、階段には光電式の煙感知器を設置しなければなりません。
 平成26年4月1日から住宅用火災警報機には『合格の表示(型式
適合検定に合格したものである旨の表示)』が表示されることになり
ました。購入する際には、国家検定合格の表示がついているものを
おすすめします。
 これまでに販売されていた住宅用火災警報器には右図下のような
「NSマーク」が表示されているものが大部分でしたが、住宅用火災  警報器が国家検定品になったため、今後は右図上のような「合格の
表示」が表示されることになります。 「NSマーク」の製品も検定品と
同等の性能が確認されているため、経過措置として平成31年3月31日まで販売が認められています。

  悪質訪問販売にご注意!
住宅用火災警報器の設置義務化を契機に、訪問販売による不適正な販売が増加しています。消防職員などを装い「法律で決まったから設置しないといけない。」などと法外な値段で住宅用火災警報器を設置するといった手口が多いようです。「今なら格安」「今取り付けないと法律違反になる」などと契約を急がせる業者には要注意!! 
悪質業者は、言葉巧みに契約させようとします。
その場ですぐ決めるのではなく、規格に適合しているか、他の業者と見積もりを比較するなど、十分に考えましょう。
【お問い合わせ】 消防本部 予防課 TEL:0242-59-1403
 
会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部
〒965-0131 福島県会津若松市北会津町中荒井字諏訪前11
TEL:0242-59-1400  E‐mail:fd.kikaku@119-aizu.jp
FAX:0242-59-1405
  
Copyright(c)2014 Aizu Fire Department.All Rights Reserved.