会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部 Aizu Fire Department
救急情報
救急車 必要なのはどんな時?
応急手当
 ・もし、出血したら?
 ・もし、骨折したら?
 ・もし、おぼれたら?
 ・もし、やけどをしたら?
 ・その他の応急手当
心肺蘇生法
AEDの使い方
AED設置場所
 ・会津若松消防署管内
 ・猪苗代消防署管内
 ・会津坂下消防署管内
 ・会津美里消防署管内
患者等搬送事業

 応急手当(もし、出血したら?)


 止血法(出血時の止血法)
 一般的に体内の血液の20%が急激に失われると出血性ショックという重い状態になり、30%を失えば生命に危険を及ぼすといわれています。
 したがって、出血量が多いほど止血手当を迅速に行う必要があります。


 直接圧迫止血法(出血部位を圧迫し包帯をする)
(1)きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、
  手で圧迫する。
(2)大きな血管からの出血で、片手で圧迫しきれ
  ないときは、両手で体重を乗せながら圧迫する。


  • 手当を行うときは、感染防止のため直接血液に
    触れないように注意する。
  • ビニール・ゴム製の手袋を利用したり、ビニール製の買い物袋などを利用するのもよい。



ショック状態への対応
1 ショック状態の判断のしかた(顔色・呼吸をみる。脈拍を調べる。)
  • 目はうつろとなる。
  • ぼんやりしている。
  • 青白くなる。(顔面蒼白)
  • 呼吸は速く浅くなる。
  • 脈拍は弱く速い。
  • 冷や汗が出ている。
  • 唇や指先が紫色になる。(チアノーゼ)
  • 体が小刻みに震えている。
2 ショックに対する応急手当
  • 傷病者を水平に寝かせる。
  • 両足を30cmくらい高く上げる。
  • 衣類をゆるめる。
  • 毛布などをかけ、体を保温する。
  • 声をかけて元気づける。

ショック体位


  • 頭にケガをしていたり、足を骨折していて固定していないときは、ショック体位をとってはならない。
【お問い合わせ】 消防本部 警防課 TEL:0242-59-1402
 
会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部
〒965-0131 福島県会津若松市北会津町中荒井字諏訪前11
TEL:0242-59-1400  E‐mail:fd.kikaku@119-aizu.jp
FAX:0242-59-1405
  
Copyright(c)2014 Aizu Fire Department.All Rights Reserved.